・・・ オンガクとワタシ +α ・・・

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

2008.11.10
開場前。
手前が入場の列。奥がグッズの列。
LOUD PARK08

一日のみの参戦です。
二日目も行けばよかったなー。
LOUD PARK08

入場してすぐ、”METAL ROBO”がお出迎え。
スクリーミング・マッド・ジョージ、デザイン&製作。
LOUD PARK08

楽器コーナーにも、いっぱいの人たちが群がってました。
LOUD PARK08

スリップノットのロゴ入りドラム。
LOUD PARK08

ジョーイのサインが、こじんまりと書かれてました。
LOUD PARK08

開演前の会場内。
まだまだ閑散としてます。
LOUD PARK08

フェスめし。タイご飯W盛り。
LOUD PARK08

アポカリプティカ。
かっこいいステージだったぁ。
スタンド席じゃなく、アリーナ行けばよかったな。
LOUD PARK08

ソナタアクティカ。
LOUD PARK08

アヴェンジドセブンフォールド。
LOUD PARK08

ダウン終了直後。
アリーナに入りけれないくらいの観客であふれかえってました。
LOUD PARK08

スリップノット、始まったところ。
単独の始めにかけてあった幕じゃなかった気がするんだけど。
LOUD PARK08

スリップノット、終了直後。
燃え尽きたよ。お疲れ様。
LOUD PARK08
スポンサーサイト

☆音楽☆ TB(0) CM(0)

2008.10.18
LOUDPARK08
ラウドパーク、一日目後半。
DRAGONFORCE、途中から見る。
コテコテな感じ、よくわからず。
SONATA ARCTICAは一度も聴いたことなかったんだけど、
ちょっと好感持てました。
自分たち中心のライブじゃなくて、のせ上手というか、
観客のことを楽しませてくれるステージでした。
メロディアスな曲たちで、聴きやすく、見入ってました。

ここまでずっと、座って見てたので、一度くらいアリーナで
楽しもうと思って、下へ。
前ブロック、入場規制してたから、ソナタアクティカ終わりかけ
くらいから、移動開始。
入れ替えですぐに入れるかなーっと思ってたけど、
しばらく待たされました。
やっと入れるようになると、一度に人が押し寄せるもんだから
ちょっと危険な状態に。
やっと前ブロックに到着した頃には、CARCASSが始まってた。
ステージ真ん中あたりにいたんだけど、この辺りからは、
隣のステージほとんど見えず。
人の頭の隙間から、チラッと見るくらいだったから、
ひたすらスクリーン見てました。
エグイ、グロイ、映像を延々と。
予定時間を越える長いステージでした。

で、AVENGED SEVENFOLD。
女の子受けするからか、結構、前ブロックに女の子多し。
カーカスの時は冷めてた周りも、始まった瞬間、熱気がこもる。
前の方に詰め寄るから、ちょっと弾き出される。
モッシュピットの後ろの辺りにいたから、
かえってステージ見渡せるし、アリーナの盛り上がりも堪能できたし、
めいっぱい楽しめました。
"Beast and the Harlot"とか、"Scream"とか、
"Bat Country"あたりがよかったかな。
カーカスが長かったためか、あっという間だった気がする。
終わって、アリーナを出る。
一旦出ると、もう入れないような感じだった。
アリーナに下りてる扉も締め切ってあったし。
まあ、私は、スタンド席で見るつもりだったからいいけど。
席に着いて、途中からDOWN。
上から眺めてると、壮観でした。
圧倒的なステージで、かっこよかった。
最後の曲で、二人がセッションで登場。
後から知ったけど、MACHINE HEADとOBITUARYの人だったみたい。

一日目の大トリ、Slipknot☆
単独の時は、ステージ前で、窒息しそうだったし、
ステージ全体を見渡したかったから、双眼鏡片手にスタンド席で。
AC/DCの曲が流れて、幕が開く。
ステージセットは、単独の時のと同じで、それプラス、電飾とパイロ。
セットリストも同じ。
登場も、ジョーイから。
ショーンがマスクの上から、風邪マスクしてました。
コリィ、曲の途中に、頭かしげて立ち尽くす姿がかわいかった。
で、礼儀正しいコリィは、「アルバム一位ありがとう」の挨拶をここでも。
私がいた辺りは、立って見てる人って半分くらい。
疲れてか、座って見てる人の方が多かった気がするけど、
そんなのかまわず、かなり盛り上がってました、私。
コリィが「トベー」って言ったらジャンプするし、
ミックとジェイムスとポールがヘドバンすれば、一緒にヘドバン。
叫ぶとこではしっかりと。
歌うとこでは一緒に。
やっぱり、最後の曲でジョーイのドラム回りました♪
それにあわせて、これでもかってくらい炎もバンバン上がる。
終わって、ビートルズの流れる中、シドが杖つきながら
ステージを去ってく姿が悲壮感誘いました。
でも、ホントに楽しかったぁ。
来年は、10周年なんだってね。
サマソニも10周年。もしかして、来るかな。
またすぐにでもライブ観たいな!

-セットリスト-
1. Surfacing
2. The Blister Exists
3. Get This
4. Before I Forget
5. Liberate
6. Disasterpiece
7. Dead Memories
8. Psychosocial
9. The Heretic Anthem
10. Prosthetics
11. Spit It Out
12. Duality
13. Only One
-Encore-
14. (515)~People=shit
15. (sic)

レポ*フェス TB(0) CM(0)

2008.10.18
ラウドパーク08
ラウドパーク08、行ってきました。
一日目のみ。
こないだのスリップノットの日、テンションがあがって
ローソン直行しました。
オフィシャルサイトで、2日通し券SOLD OUTって
なってたけど、2日通し券も売ってました。
でも、予算の都合上、一日のみで。
会場に10時ちょっと前に到着。
すごーい行列が。物販の列。
でも、おサイフケータイだから、そんな長蛇の列を横目に
すいすい物販ブースへ。
Tシャツ買おうとも思ったけど、結局買わず、立ち寄っただけ。
で、入場の列へ。
ここも結構並んでたけど、そんなたいした待たずに入場。
会場の中に入る前に、いろいろ散策。
アーティストモデルの楽器みたり、スポンサーブースのTシャツ見たり。
開演時間になり、アリーナへ。
まだ、あんまり人が入ってない。

HEAD PHONES PRESIDENTから。
日本人の女の子ボーカルのバンド。
見始め、すごーいと思ったけど、なんか同じような曲ばっかりで、
飽きてきたので、早めのごはん食べに行く。
食べ終わって、SECRET&WHISPERをちょっと見る。
スクリーモバンド。終わりの方しか見てないけど、よかった。
始めから見たかったかも。
ここから、ずっとスタンド席で。
ステージが並んでて、片方の演奏中にもう片方のセットチェンジを
してるから、終わったと思うと、すぐ次が始まる。
全部見ようと思うと、休憩する暇ないです。

意外に良かったのが、APOCALYPTICA。
フィンランドのチェロメタルバンド。
音源聴いたときは、いまいちピンとこなかったノーマークバンド。
でも、ライブがすごいカッコイイ!
ヘドバンしながら、チェロを弾くの!
優雅に演奏してたかとと思いきや、小刻みに弓を動かしながらヘドバン。
ステージに釘付けでした。
メンバーもかっこいいし、かなり気に入りました♪
メタリカが好きなようで、メタリカシンフォニックバージョンも披露。
で、ソナタアクティカの人がゲストボーカルで参加。
アポカリプティカ、これからヘビロテしそうです。

OBITUARY、途中で寝てしまい、よくわからず。
MESHUGGAH、ボーっとした頭のまま、よくわからず。
途中、小腹が空いたので、ごはん。
ごはん食べながら、人間ウオッチング。ファッションチェック。
スリップノットTシャツとラウドパークのオフィシャルTシャツ着てる人が
一番多いかも。
スリップノットを意識したつなぎとか、マスクとかもチラホラ。
アヴェンジドのTシャツも多くて、女の子率高い。
一日目の出演バンドTシャツ着てる人以外には、
スレイヤーとか、メタリカとか、トリヴィアムとか、マンソンとか、
アークエネミーとか、メガデスとか、人間椅子とか、コンヴァージとか。
こういうフェスって、何着てくか考えるのも楽しかったりする。
私は、普段着れないマンソンTシャツに短パンで参戦デス。

レポ*フェス TB(0) CM(0)

2008.10.11
slipknot
スリップノット大好きー。
会場着くと、黒い服着た人たちいっぱい。
やや早めだったから、グッズを物色。
でも、ライブでしか着れない感じのしかないから、結局買わずに出る。
整理番号が案外早かったから、開場してすぐ、ステージ近くへ。
オープニングアクトは、MACHINE HEAD。
開演5分前に客電消えて、メンバー登場。
初めて見たけど、男臭くてかっこよかった!
ボーカルがすごい楽しそうで、こっちも楽しくなってくる。
ステージ前には、モッシュピットができてて、激しく楽しくぶつかり合ったり、
グルグル回ったり。
危険だったので、その後ろの辺りで。
障害物がないから、ステージも見渡せて快適な場所。
一旦、幕が閉じてMACHINE HEAD終了。
その後から、どんどん、どんどん人がステージ前に集まってくる。
AC/DCの曲が流れ、しばらくして、幕が開く。
セットの垂れ幕に「All Hope Is Gone」の文字。
ジョーイ登場。
手が枝になってる~。
ジョーイが出てきた瞬間、「ジョーイ~vv」という歓声が上がる。
男子からも、女子からも。カワイイもんねぇ。
で、その後、ぞくぞくメンバー登場。
でも、このとき、ステージ前がすごいことになってて、
ステージ見るどころじゃなかった。
前のブロックの柵のところにいたもんだから、
前から横から押されて身動き取れない状態になってた。
気付いたら、"Surfacing"が始まってた。
なんとか身動きできるようになったけど、気を抜いたら窒息しそう。
思えば、スリップノットをライブハウスで見るのは初めてだった。
ホールとかスタジアムとかとは全く違う熱気と迫力で、
ちょっと出遅れた感じの私でした。
セットリストは、新譜の「All Hope Is Gone」からはほとんどなくて、
お馴染みの曲多し。
定番曲の方が楽しめるけど、新譜からもっとやってほしかったなぁ。
ステージあんまり見渡せなくて、ほぼショーン側。
パーカッションのセットにカメラとモニターがついてて、
上がったり下がったり、まわったり。
自分映したり、観客映したりしてました。
その動くセットに、シドがからむ。
やんちゃでジョーイとは違ったかわいさがある。
コリィ贔屓の私だけど、今まであまり気にしてなかったジェイムスが
今回、かっこよく見えた。
ちょっとだけ伸びた髪形がステキって思ったりして。
そういえば、"Spit It Out"の時、「スワレー」がなかった。
「サワゲー」「トベー」は言ってたけど、さすがにギュウギュウだったから
どうやったってしゃがめなかったけど。
アンコールの時、いつもの「SlipKnoT」のロゴの垂れ幕に変わり、
メンバー再登場。
ジョーイは日の丸のハチマキしてた。
で、アンコールでドラムセット回りました。
欲を言えば、もっとドラムソロしてほしかったなぁ。
最後は、"People=shit""(sic)"と続き、完全ノックアウト。
着替え持って行くの忘れて、全身汗まみれで、
海風に吹かれながら帰りました。

slipknot
-セットリスト-
1. Surfacing
2. The Blister Exists
3. Get This
4. Before I Forget
5. Liberate
6. Disasterpiece
7. Dead Memories
8. Psychosocial
9. The Heretic Anthem
10. Prosthetics
11. Spit It Out
12. Duality
13. Only One
-Encore-
14. (515)~People=shit
15. (sic)

レポ*洋楽 TB(0) CM(0)

2008.10.04
最近、めっきりレポ書いてないです。
これも、レポじゃないんですけど、記録として。

早めに会場着いたんだけど、もうすでに、すごい人たち。
グッズ買う列がすごい。
で、買うつもりもなかったけど、取り合えず、並んでみることに。
Tシャツ、ペットボトル4本からできてて、同じものが一つとしてないという
コメントがあって、思わず買ってしまった。
サイズ、Mにしたんだけど、ピチピチだった。
でも、かわいい。
背中の生地の裏にプリントしてある文字が透けて見えたりして、
いい感じです。
RADIOHEAD

マスコットの「ベア」
温暖化防止の署名活動してました。
私も、快く署名。
今回のレディヘも、機材の輸送を船にしたり、
照明をLEDにしたり、グリーンな環境に優しいツアーだそうです。
RADIOHEAD

ツアーポスター??
レディヘに限って、縦ノリはありえない。
まして、モッシュ・ダイブなんて。
RADIOHEAD

アリーナBブロック。
といっても、AとBしかなかった。
前座の時は、後ろで見て、始まったらちょっと前の方に行こうって
考えてたけど、甘かった。
前座終わって、どんどん人が増えてしまって、結局ステージから遠い位置に。
人と人の頭の隙間からチラチラとしか、メンバーが見えない。
ちょっと残念な場所。
ライブは、「In Rainbows」の"15 Step"から。
次に、"There There"がきたのが意外だった。
自分の中で気持ちが盛り上がっていって、でも、ステージが見ないっていう
もどかしい気持ちの中、ライブが進んでいった。
照明と映像も組み合わさって、どの曲もレディオヘッドらしい演出で
圧倒されっぱなし。
トムの歌声に酔いしれました。
"Faust Arp"の曲の始めの方で、「もう一回」って、やり直すシーンありました。
ほほえましかったなぁ。
後、トムのピアノとドラム。
今回、かなりの曲数やってくれてます。
「In Rainbows」がやっぱり中心で、今までの名曲と。
"Karma Police"と、"Just"と、もうやらないであろう"Creep"が
聴きたかったなぁ。
アンコールは2回も。
最後は"everything in its right place"
光の文字で「EVERYTHING」って流れてる?
客電点いてもその文字だけが、延々と流れてました。
心地よい余韻を残しながら、終了。
充実したライブで、本当に良かった。

-セットリスト-
01. 15 Step
02. There There
03. The National Anthem
04. Lucky
05. All I Need
06. Nude
07. Where I End and You Begin
08. The Gloaming
09. Weird Fishes/Arpeggi
10. Videotape
11. Talk Show Host
12. Faust Arp
13. Jigsaw Falling Into Place
14. Idioteque
15. Climing Up The Walls
16. Exit Music ( For A Film )
17. Bodysnatchers
- Encore -
18. House of Cards
19. Bangers'n'mash
20. Paranoid Android
21. Dollars & Cents
22. Street Spirit
-Encore 2 -
23. Cymbal Rush
24. Reckener
25. Everything In Its Right Place

RADIOHEAD

買ったTシャツ。
バンドTシャツっぽくないから、普段も着れていい。
RADIOHEAD

レポ*洋楽 TB(0) CM(0)

2008.09.23
トモダチに誘われて、野外イベントに。
空がキレイ。
WILLY

昼過ぎ、多摩川到着。
まだ、そんな人いません。
WILLY

ちょっとづつ人が増えてきて。
秋晴れの空の下、ご機嫌な音楽が流れてていい気持ち~
WILLY

暮れてくると共に人も増えてきて、
盛り上がってまーす。
私は、テンション上げるタイミングつかめず、後ろの方でまったりゆらゆら。
WILLY

青空もいいけど、夕焼けもステキ。
ほんと、気持ちいいイベントでしたぁ。
WILLY

日常。 TB(0) CM(0)

2008.08.31
早朝、会場を追い出され、駅周辺でゴロゴロ。
サマソニ08

ティンティンズ見た後はずっと外で。
フージアーズ、ステージ前、人少ない。。。
サマソニ08

トリビュートバンドたちのステージ。
時間潰しのつもりだったけど、楽しかった。
サマソニ08

暑いのでシャーベットカクテルを。
動き回ってないのに、暑さにやられて、しばらくマリンのスタンドで休憩。
サマソニ08

盛り上がってました。マリンステージ。
サマソニ08

暮れていく空の下、アリシア・キーズ。
大合唱、気持ちよかったぁ。
サマソニ08

コールドプレイ感動したよー!
サプライズもあり、いいライブだった。
で、毎年のことながら、花火にも感動。
サマソニ08

「SEE YOU NEXT SUMMER! 10th Anniversary」って書いてます。
10周年☆来年も楽しみだなぁ。
サマソニ08

今年の戦利品。
買ったのは、Tシャツだけ。
今年は、一日目と二日目でアーティスト名が別れてた。
私は、一日目のだけ購入。
サマソニ08

サマソニ 08 TB(0) CM(0)

HOME - NEXT →
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
リンク
過去ログ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。