FC2ブログ

・・・ オンガクとワタシ +α ・・・

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

2007.04.09
Chara's UNION Live House Tour 2007。
ライブハウスのチャラだなんて、すごいひさびさ。たぶん、10年ぶりくらい。
昔はパワステによく見に行ったりしたなぁ。
で、チャラは、去年のサマソニ以来。
ダイヤモンドホールもひさびさで、たぶん、おととしの夏以来。
チケット取るのにすごい苦労した、すごい楽しみにしてたライブ。
一人参戦だったから、開演時間過ぎてからでも中の方に入っていけるかなって思って、ゆっくりめに会場入り。
着いた頃は、会場の中は半分くらいしか埋まってなくて、真ん中の端で待機。
客層は、バラバラ。チャラも「背も歳もいろいろだねぇ。いいな、まぜて♪」って言ってた。
やっぱり、女子中心。私みたいな青春時代をチャラで過ごしたようなお姉さま方とか、チャラに憧れてますってかんじの乙女たちがいっぱい。
開演時間を大幅に過ぎてから、客電が落ちて、バックバンドのメンバーが拍手に迎えられて登場。
そして、更に大きな拍手に迎えられてチャラちゃん登場。
ふわふわの髪の毛を片方でまとめて、トップにふわふわのリボン。衣装は、私の場所からはあまりよく見えなかったんだけど、クリーム色(?)のワンショルダーのふわふらのミニワンピ。すごいかわいい。
「行くぜー、ナゴヤー!」と、一曲目から飛ばしてくれる。
3曲目には早くも"FANTASY"、もっと、後のほうにやるかと思ったんだけどな。
この曲のさびのところ、チャラが観客にマイク向けてくれて、会場全体で大合唱。すごい嬉しかったし、すごい感動。
「・・・寂しくて死んじゃいそう・・・」ウイスパーボイスでつぶやくように歌って始まった"しましまのバンビ"
みんなこの曲大好きなんだねー。私も好きだなぁ。
この曲終わった後に、ダーリンと出合った頃のお話。ダーリンが赤と白のしましまのTシャツ着ていると思ってたチャラ。ほんとは黒と白だよとか。
それと同じくらいの時期の歌"Junior Sweet"コーラスのカナちゃんの声がチャラにそっくり。二人のハモリが素敵。
新譜「UNION」からの曲を中心に、昔の曲も。
"あたしなんで抱きしめたいんだろう?"、"ミルク"、"やさしい気持ち"、"あいのうた"
昔の曲の方がみんな一緒に歌ってたなぁ。
"あたしなんで抱きしめたいんだろう?"では、「みとめないって、名古屋弁ではどういうのぉ?」って言われて、会場全体で「みとめぇ~ん♪」って大合唱。楽しかったぁ。
「デビューしてから16周年を迎えました」って、デビュー当時の"Sweet"、これが一番嬉しかったかも!高校生の時、よく聴いてたよ。
もちろん、これも一緒になって歌う。ほんとによかった。
それと、"あいのうた"、イントロかかった瞬間、ゾクってきた。幸せ。
メンバー紹介は、歌いながら。ひつまぶし食べたとか、チャラは一杯目からお茶漬けにするとか、昨日は大須に行ったとか。。。
チャラのトークも面白い。なんか、テンション高いなぁと思ったり。
ライブ中に苦しそうにしてるファンの子を気遣って、「みんな、半歩ずつ後ろに下がってぇ」と。
曲と曲の合間には、「チャラ~!」と絶え間なく声がかかる。みんなに愛されてるなぁ、チャラ。
でも、全体的に、観客がおとなしい。ノリがいまいちだったような。曲が始まっても、反応なかったり。
最後の方で、ステージにチャラ以外いなくなって、他のメンバーが肩から下げたドラムを叩きながら順番に登場。
ドラムのリズムに合わせながら、絶叫したり、ダンスするチャラ。
アフリカの民族音楽っぽいんだけど、チャラのシャウトがなんか、ガンズのアクセルちっくに聞こえたりもする。
この後、あいのうただったかなぁ。
アンコール"世界"では、チャラの愛用のバランスボールも登場。
始めの方、それに乗って歌うから全然見えない。途中、ステージからバランスボールをフロアに投げてよこしたり。
「他のとこではやってないんだけど、」って、"tiny tiny tiny"
すごーい感動。「何かを始めるときの歌です」って。
最後まで、チャラの愛を感じるライブでした。
スポンサーサイト

レポ*邦楽 TB(0) CM(0)

2006.06.12
初のLucyのライブに行ってきた。
今回はレポじゃなくて、感想と記録みたいなかんじ。ネットで試聴したくらいで、前知識ほとんどなし。
ライブ行くまでは、一人だし、めんどくさいし、行くのやめようかなぁ、なんて、かなりテンションが低かった私。
でも、でも、行って良かった。すっごい楽しめたライブだった。
ライブ始まる直前まで、行くの悩んでたので、結局会場に着いたのは、18時半ちょうどくらい。
予想以上に会場いっぱいのお客さん。後ろの方で見ることになる。

開演時間を2、3分過ぎて、ほぼ時間通りに、ライブが始まる。
「ケ セラ セラ~♪」の曲に合わせて、観客みんなで手拍子。そして、メンバー登場。
今井さんかっこいい。B-Tのときとは、雰囲気が違って、ちょっとだけ、男くさいかんじもする。
黒地に花柄のシャツに黒いジャケット。それに、サングラス。KIYOSHIも同じような格好。
「ルーシーショーへようこそ」と、KIYOSHIの挨拶でスタート。
曲順、曲のタイトル、全くわかりません。
古くさいかんじのロックンロールなんだけど、とにかくかっこいい。どの曲もライブばえする。
観客もすごい楽しそう。後ろから見てると、一部、ノリがヴィジュアル系の人もいるんだけど、思い思いに楽しんでいる。
KIYOSHIからのメンバー紹介。「ギター、今井寿」のところ、一段と大きな歓声と、黄色い悲鳴。
やっぱり、今井さん目当ての人が多いんだね。
後、今井さんが、サングラスをはずした瞬間も、「キャー」うんうん、よくわかるよ、その気持ち。
くねくねしたギタープレイも、変なダンスも、全部かっこいい、と言うか、かわいい。
そういう今井さんは、別格として、KIYOSHI、あの人もかっこいいね。
Lucyで知る前までは、どこの誰かもわかんなかったんだけど、あの人は、何者?
ギターも、ピックの投げ方もかっこいい。途中、ギターを銃のように持って、客席を狙い撃つように弾いたんだけど、かなり、ロックで男前。
たぶん、“新しい世界”って曲だと思うんだけど、すごいよかった。ライブ中は基本的に、今井さん中心に見てたんだけど、この曲ばかりは、KIYOSHIに釘付けでした。
アンコールは2回。
ステージに出てくると、優しい今井さんは、会場におしぼりを投げてくれる。
ライブ中、一言もしゃべんなかった今井さん、気のせいじゃなければ、最後に、「バイバーイ」って言ってたような気がする。

予想外に楽しいライブだった。
次も絶対に行く!
今度は、予習もしっかりと。
家に帰ってから、ネットで、CD注文しました。早く聴きたいなぁ。

レポ*邦楽 TB(0) CM(0)

2002.09.23
普段なら絶対行かないかんじのライブ。
出演はNEWROTE'KA、GELUGUGU、ロリータ18号、木更津プラスチック少年帯。
氣士團が見れるし、\2500だし、ノリで買ってしまったチケット。
開演時間ギリギリくらいに到着。
いつも行ってるライブとは全然客層が違って、かなり戸惑う。ロティカの物販のとこ、ボーカルの人が手伝ってた。
会場の中に入ると、後ろの方までびっしりで、どこにいたらいいのか落ち着く場所がない。仕方なしに、後ろのすみっこでステージがやっと見れるとこに。
しょっぱな、GELUGUGU。スカパンク。メンバー8人いて、ステージはけっこう迫力があって面白かった。MCもおもろい。
タオルを振り回す曲があって、たしか“ブンブンブン” それに、ロティカのボーカル乱入。客席もステージもみんなでタオルを振り回す。楽しそう。タオル振るやつ、ロティカにもあるそうで、ゲルググとロティカに対抗して、氣志團も思案中らしい。
他の曲も楽しげなのばかりで、一段高くなったとこから見てるとゴロゴロとダイブしてる人たちの様子がよく見える。
ゲルググとロティカは中がいいみたいですね。12月に一緒にツアー、ディナーショー、来年も一緒にツアーとか言ってた。いっつも一緒か。
次は木更津プラスチック少年帯。
氣志團目当ての人も多くって、さっきまでステージ見える場所だったのに、ゲルググから移る合間にお客さんの移動があって全然見えなくなってしまった。しかも、目の前は女子高生で制服が臭い。頭と頭の隙間から背伸びしてやっと見える。
ステージには何やらセットらしき物があってライブするかんじじゃない。
オールナイトニッポンのテーマ(?)が流れ、芝居が始まる。曲やるんじゃなかったみたい。ちょっとがっかり。
ホストクラブが舞台で、元CLASSの2人と仲良かったひとりの女が偶然出会って、CLASSが再結成して、ダイヤモンドホールでのライブを成功させるって内容。
翔やんが女役、遠目で見てるからか、アユみたいでかわいく見えた。近場で見てた人たちにはどう見えたんだろ。途中、SMAPの曲をミュージカル風にやったのが笑えた。
木更津終わって、なぜか人が若干人が減って、ステージ全体が見渡せる場所を確保。
次はロリータかと思ってたら、出てきたのはNEWROTE'KAのメンバー。
そして、もうすっかり秋だというのにスイカのコスチュームのあっちゃん登場。スイカの歌うたって、ステージの袖に引っ込む。そして、ピエロの衣装に着替えてきて、次の曲へ。
ゲルググのように、タオル振り回す曲、たしか“気持ちいっぱいビンビンビン”ここでもみんなでタオル振り回す。ロティカって、18年もやってるって。オヤジだよ。頭も薄くなってるし。オヤジなことも頭のことも、かなり開き直ってる。「オヤジ汁~、オヤジ汁~」って客席にオヤジ汁を撒き散らす。
そういえば、FAN層が以外に若い。きっと10代が過半数占めてるんだろうなぁ。
ロティカの曲でもダイブする人いっぱい。その中に、かなりガタイがいいあんちゃんがいて、何回も何回も転がってる。そんな人が上転がったらみんな潰れちゃうよ。
ゲルググも木更津も1時間位やったけど、ロティカはなんか短い。オヤジだから体力が持たないのか。
最後はロリータ18号なんだけど、見ないで帰っちゃった。

レポ*邦楽 TB(0) CM(0)

2002.06.03
10年ぶりのバクチク!
スタート時間の7:00に仕事が終わって自転車とばして会場に向かう。
時間がおして、ギリギリ着くまで始まんないでくれるかなって思ってたけど、残念なことにすでに始まってた。
“HURRY UP MODE”が聞こえる。
歌声に急かされるように、急いでロッカーにカバン入れて会場に入る。入口あたりまで人があふれている。整理番号が1000番超えてたから、ほんとに、超満員。
人をかきわけ、前の方まで行ってみる。もちろん今井さん側。真ん中あたりまでが限界だった。思ってたより若い子が多い気がする。そして、以外に男子も多い。私くらいか、上の年代の人が多いと思ってたのに、B-Tも世代更新なのかな。
すごい熱気で汗がどんどんでてくる。それに、あっちゃんと今井さんが、客席に水をぶちまけるからあっという間にびしょびしょ。
メンバーみんなテンションが高くて、客席はそれ以上にハイテンション。
昔の曲も今の曲も演ってくれた。“ICONOCLASM”とか“MY FUCKIN' VALENTINE”とか“NATIONAL MEDIA BOYS”(これはアンコールだったような)とか。あまりどんな曲演ったか覚えてないんだけど。。。
しばらく、B-T離れてたから、最近の新めの曲は全然知らないんだけど、それでも、すごい楽しめた。昔の曲って、頭に焼き付いてるから、自然に一緒に歌ってしまう。
衣装、アニイは赤、アニイ以外は黒。今井さんは黒の細身のジャケットを素肌に着て、赤のパンツの上に破けた黒のパンツ、和柄模様の入ったスカートみたいなもの、茶色のブーツ。今井さんは本当にかっこいい。世の中に、こんなにお人形さんみたいにかわいくてかっこいいオトナはいないと思う。顔に白いラインを引き、左ほっぺには“B-T”。跳ねるようにギターを弾く姿がかわいくてたまらない。今井さんのギター弾く姿が見れただけでもシアワセ。
あっちゃんはとてもいい男だ。今井さんと絡むシーンはなく、ユータを弟のようにかわいがるところがあった。
アンコール前の曲(タイトル知らない)バラード調の曲良かったなぁ。でも、音響が悪くてちょっと残念。あっちゃんは一段高くなってるところに立って歌う。
アンコールは2回。B-Tでは2回のアンコールって当り前なんだよね。でも、アンコール待ってるときってかなりだるい。それが2回もだなんて、疲れた。
それにしても、いくつになってもやっぱりB-Tはバクチクだ。
青春時代に戻ったってかんじのライブでした。良かった。

レポ*邦楽 TB(0) CM(0)

2002.05.21
特撮

平日だよ!全員集合!
初めての特撮、そして、ひとり参戦。
客層は思ったより男子率多い。ひとりで来てる女の子もけっこういるし、オーケン好みのロリータも目立つ。
前座のグルグル映画館、白塗りの学ラン姿ってことしか知識なくって、どんなのかなって思ってたんだけど、お芝居やる人?お笑いさん?いまいちわからなかった。
グルグルが退場して、三柴さんのピアノソロで始まる。ピアニストとは思えないプロレスラー的風貌なのに、とてもキレイな音色。
そして、大槻ケンヂ登場。頭ツルツルのお坊さんの格好。破戒僧みたいでかっこいい。
1曲目、特撮のテーマ(タイトル知らない)でしょっぱなから盛り上がる。ノリ方が違う。前後に揺れるからちょっと戸惑う。
「坊さんが踊ってる姿を見たことありますか?」と袈裟姿で坊さんダンス。南無~。
「平日なのにここにいる皆さんは、社会に不必要とされてる人間だぁ」ボースカ(ブースカ?)も登場。坊さん姿で背中にボースカのぬいぐるみしょって、腹話術みたいなかんじでひとり芝居。ボースカ「今度、オーケン、ポルシェ買うんだって」オーケン「おいおい、やめてくれよ。まるで自慢してるみたいじゃないか」MCもかなり楽しい。「6月からレコーディングに入ります」バンドメンバー知らないんじゃないの。「え?知らないの?やるよレコーディング。え?レコーディングって俺の妄想?じゃあ、夏のフジロックやサマソニも妄想なの?」確かにそれは大きな妄想。「男はいつか抱いてやるからな。雰囲気になったらメガネはずせよ。俺が電気消すから。」
曲もよい。ヒップホップっぽい曲やメタルっぽい曲も演る。三柴さんのデス声のコーラスも加わりCDで聴くのとは全然違う。“悪魔巣取金愚”なんてかなり特撮風にアレンジされてて原曲の休みの国とは全く別の曲になってる。かっこいいぞ、特撮!
アンコール、グルグル映画館を呼んで一緒にステージで盛り上がる。「イヌイヌ言ったらネコネコ言ってね」客席も一緒になって歌う。「イヌイヌイヌイヌ!」「ネコネコネコネコ!」
特撮サイコーです。
8月3日にエルでライブあるそうです。また行こうかな。

レポ*邦楽 TB(0) CM(0)

2002.04.28
ダイヤモンドホール10周年のイベント。一人参戦。
チケット買うまで電撃オンリーのライブだと思ってた。合計5バンドの出演。
会場着いて、物販のとこがすごい人だかり。かなりすごい熱気で、ここにいるだけで汗が出てくる。ドリンクもらって会場の中へ。ステージも会場も見渡せるPAの後ろの位置を確保。
お客さん、なぜか、白いTシャツ着てる人が多い。男子率がものすごく多い。過半数がTシャツ姿に首にタオル、スニーカー、私は、スカートにローファーでかなり浮きまくり。
主催者側の挨拶から始まる。
しょっぱなはGREEN…(忘れた)ってバンド。欠席バンドの代わり前日に急遽出演が決まったってことで、かなりやりにくそうな雰囲気の中「名古屋ってこういうとこコワイ。盛り上げてやる。打破してやる!」次の曲からだんだん盛り上がりをみせる。
全体的に盛り上がってきたところで、CHANGE UP。スカバンド。ボーカルのMCが面白い。なかなかいいかんじで、自然にジャンプしたくなる。かなり楽しい。
次、韓国出身のNO BRAIN。けっこう盛り上がってるけど、私は好きじゃない。ボーカルの声がニガテ。
そして、電撃ネットワーク!!
ステージ準備してる時に前に移動。既に先客がいたので、真ん中2列目に。この付近の人たちは電撃目当てらしく、服装が違う。私も馴染む。
メンバー出てきた瞬間、前方に詰め寄る。身動きがとれない程ぎゅうぎゅう、苦しすぎ。何度も電撃は体験してるけど、こんなの初めて。自分の位置を保つのでいっぱいいっぱいの中、ドラム缶叩きから始まる。
ドライアイス・缶ビール・さそり・ミルクマン・ワックスマン・バクチクパンツ・ロケット花火。ダイアモンドホールは名古屋で唯一出入り禁止になってない会場ってことで、無茶なことをする。ギュウゾウが嬉しそうにロケット花火をスピーカーに向けて飛ばす。三五十五まで客席に向かってロケット花火を投げる。たぶん、火薬なしだと思うけど、びびった。
今回は客席参加はなし。限られた短い時間ってことで、あっけなく終わってしまった。ちょっと物足りない。でも、ひさびさ、電撃ダンス踊れて楽しかった。
で、トリはSHAKA LABBITS。女の子ボーカルのバンド。かわいくて、かなりパワフル。客電が消えると同時に散らばってたお客さんの移動が始まり、前方に詰め寄る。曲が始まると、床が揺れるほど、ジャンプ、モッシュの嵐。みんなこのバンドがお目当てだったのね。
すごい楽しそうで、私もかかとの高い靴じゃなかったら、仲間に入ってたのにな。楽しかったけど、3曲聴いて退散。
今度は、電撃の単独公演が見たい!!

レポ*邦楽 TB(0) CM(0)

HOME
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
リンク
過去ログ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。