FC2ブログ

・・・ オンガクとワタシ +α ・・・

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

2003.04.05
赤犬
What’s Love?
STANCE PUNKS
riddim saunter
鳥肌実
スポンサーサイト

レポ*お笑い TB(0) CM(0)

2003.02.14
轟沈伝説

レポ*お笑い TB(0) CM(0)

2002.11.29
鬼畜ナイト

かなり退屈なイベントだった。鳥肌実にしてもたいして面白くなかった。
出演者、肉、ネクロマンティック、ソープランド揉美山、ロリータ18号、鳥肌実。司会、オレパンダー。
16時半開場。17時開演、だというのに、開演の時間になっても会場に入れない。
寒い中、外に並ばせられて、結局入場できたのは17時20分。
せっかく仕事休みにして見に行ったのに、仕事終わってから途中から入っても面白いところは充分見れたようなかんじ。
今回は2列目。でも、このイベント、前の方じゃなくってもよかったようなかんじもする。
ちょっとかみ気味の開演の挨拶(放送)はたぶん、オレパンダー。
そして、「オレなんだー、オレパンダー。オレなんだー、オレパンダー。」と微妙なテンションで司会のオレパンダー登場。
かわいさが全くないパンダで、かなり不気味。でも、そんなオレパンダーもイベントがどんどん最悪なムードで進んでいくにつれて、かわいそうになってきて、応援したくなってくる。そして、意外に後姿がかわいかったりする。
始めは、肉。1曲目がすごい。「うんこ」だって。
演奏自体はいいと思うんだけど、なんでか下品。うんこうんこ言われて、会場もすっかり引いてしまってる。1列目にいる身内だけが盛り上がってるなかんじ。
次は、ネクロマンティック。
あやしげな衣装を着てオレパンダー以上に不気味。いわゆるヴィジュアル系なんでしょうか。かなり自分たちに酔っていらっしゃる様子。
このイベント、鳥肌目当ての人がほとんどな気がするんだけど、この2バンドは会場の心をすっかり閉ざしてしまったようだ。
で、ソープランド揉美山。男子1人、女子2人のバンド。
客席の方から叫びながらドラムのだっち登場。ステージに上がるとLINA SEAの“ROSIER”を熱唱。ベースのシオリーナが「みんな何し来たのー?見に来たんでしょー?みんな立ってー!」と言ってやっと客席も立りはじめる。こんなふうにきっかけつくってくれないと、このイベント中ずっと座りっぱなしだったかも。
振り付けの練習して一緒に踊ったり、客席から一人ステージにあげて、その人の為に歌ったり、プレゼントといって客席走り回って飴あげたり。この日一番の盛り上がりだったよ。最後の方で、シオリーナの着てたドレスの肩ひもがずれて黒いブラが丸見えになってたけど、あれ始めの方から背中のファスナー開いてて気になってたんだよなぁ。
最後のバンドはロリータ18号。マサヨさんは30歳になったって。そういえば、私が高校生の頃からいたもんね。
今回でロリータを見るのはまだ2度目。
固定FANがいるからこのイベントもロリータ目当てで来てる子もいて、始まるとステージ前にちょっとづつ人だかりができる。マサヨさんも、「どうしたのみんなぁ、席なかったの~?」とか言いながら歓迎してくれてた。ロリータの時も立ちながら見る。そして、揉美山とちょっとかぶりぎみの振り付けも。
席なかった人の一人なのか、ステージ脇でビールをたらふく飲んだ酔っ払いが、2列しかできてない人だかりにダイブするという事件が。
一度目は見事に転げ落ち、懲りずに二度目も挑戦。女の子の上に落ち、マサヨさんも困ったようによしよしとなだめてた。
トリはもちろん鳥肌実。
半分しか埋まってなく、更に先にでた出演者FANが帰った後で空席だらけの会場を見て「この負に満ち溢れたパワーをなんとかして○○に向けられないものかなぁ・・・」と。
途中で帰ろうとするロリータFANには「どうして帰るんだっ!」と一喝。
開始早々、モロリ。近くで見ようと思ったのか、何人かが空いてる前の席に移る。でも、モロリは一瞬。
今回は新ネタなし。ワールドカップ、甥のまさや、健太と私(敬語バージョン)、流れ星ヘアー、ダンスタイム。。。
写真撮影禁止だというのに、周りでは写真撮ってる人がいっぱいだった。開場が押した為か、カメラチェックもなくすんなりと持ち込めたし、持ってくればよかったっ。
結局、全て終わった頃は22時近かったような。最後に「春の陣でお会いしましょう~」って言ってたけど、二度目はあるのか??

レポ*お笑い TB(0) CM(0)

2002.10.05
我が闘争

ひさびさのトリ体験。
客層ってあんなんだったっけ。かなり違和感を感じながら会場入り。フロアに椅子が並べられて、芝居を見に来てるかんじ。いつも来ているダイアモンドホールの雰囲気じゃない。たぶん、ここ最近、ロック少女しすぎてたから鳥肌実講演会の様子を忘れてしまってた。
K列だったから、そんな前の方じゃなかったけど、ステージを見渡せて割といい席。
開演の時間を少し過ぎてから客電が消える。10分押しくらいか。
「貧乏不遇欲情空腹貧乏不遇欲情空腹貧乏不遇欲情空腹・・・」真っ暗な中、会場中に、脳みその中まで響き渡る。これを聞いてるとだんだん、吐き気がするほど気分が悪くなってくる。
しばらくして、サイレンがなり、玉砕スーツ姿の鳥肌氏の登場。例によって、ビールケース。ペンギン立ちの姿勢で廃人演説。
CDの内容ばっかだというのに、始終爆笑の観客。やっぱり名古屋とは相性がいいのか。そして、いったんステージからはける。
幕が上がり、ステージ上には金屏風と大きな花瓶に生けた立派なお花。“鳥肌実個人演説会「我が闘争」”と書かれた垂れ幕。そして、サングラスと数珠の首飾りをした鳥肌氏が再登場。
たくさんの電報をいただいておりますと、カバンから取り出す。その時、わざとらしく、拳銃をチラッと出して見せる。日本の著名人からの祝辞を読み上げる。さすが人脈が厚い。
北朝鮮訪問、政治批判、ワールドカップ、ベサメムーチョ、流れ星ヘアー、霊柩車、もろりなし。。。
ワールドカップがらみの話がずいぶん長かったような。個人的に「F○FAのファはマフィ○のファ」がツボにはまった。
調子よく話をしてたのに途中、間違えてしまったところがあって、床でジタバタしながら悔しがる。その様子がかわいらしい。
「ここでお色直し。。。」と金屏風の後ろに入って行き、ステージの電気が消える。
再び明かりがついて、ブリーフに竹槍というかなり気合の入った姿で登場。竹槍をついてみせ、日本刀を振り回し、生けてあった花をバサバサと切りつける。髪の毛にススキがついて泣き顔になってる。
最後、「長年飼っていたシャム猫が。。。」で終了。

レポ*お笑い TB(0) CM(0)

2002.04.21
torihada

最近、私がかなり鳥肌実好きだということが周知されつつある。
でも本当はロック好きです!
鳥マニアではありません。
だけど、今回も限定180枚のチケを手に入れ、氏の姿を写真に収めるべくデジカメを持ち、参戦したのでした。
前座、SHOKOバンド。エゴラッピンみたいで渋くてかっちょいいのですが、早く終わんないかな~と思いつつ、「実ちゃん」って呼ぶショウコさんにジェラシーをかんじるのでした。
実ちゃんが来るまで、バーカウンターで座りながらまったりしてようと思ってたら、前の方に行けなくなってたので、その場で観覧。
何の前触れもなく、音楽もなく、普通に入口から登場。玉砕スーツでした。
ステージに上がり、台(ビールケース?)に立ち、「もっと前に行けないの?しゃぶってもらうつもりだったのに。」「マイク、低音効かせてもらえる?声にカリスマ性がないから。」「風がくるなぁ。昔、空調作業員だった。。。」自分の立ち位置をチェック。落ち着いたところで始まる。
なんだか今回はまとまりがなく、すべてが中途半端だった気がする。でも、それも面白くていいけど。
「曲、準備できますか?」って、スタッフが慌てふためいてました。やっと、準備できて、ステージに合図しても、わかってもらえないのか、わざと無視なのか、アカペラで「ベサメムーチョ」を熱唱する氏。
しばらくして、やっとかかる音楽。デスコタイム。台から降りてダンシングを披露するんですが、私のことからはよく見えず、後ろのモニターで観賞。
もろり姿の氏(というかリアル健太)もよく見えず、後ろのモニターで観賞。
氏も「座れないですかねぇ、ホント座れないの?」って、自分の姿を会場中のみんなに見て欲しいのか、しきりにつぶやく。
最後、脱いだスーツを再び着て、退場する時に、「ありがとう!!」バンドマンチックな去り方でした。
そして、出待ち。風俗の予約をしているとのことでベンツに乗って、いそいそと去っていきました。
名古屋ではやっぱり、風俗ネタが。泊まってるホテルはプリンセスガーデンホテル501号室だそうです。

レポ*お笑い TB(1) CM(0)

2002.03.18
「愛知万歳革命」のインストアイベント。
誘われたホワイトストライプスのライブも断り、初のひとり参戦。
整理番号が12番ということで、かなり良い位置。最前、手をのばせば届く位置。
ビールの空ケースがステージ。天井あたりに障害物があるからか、1段のみ。
予定より10分おして、鳥肌実登場!ベージュのスーツにいつもの黒いカバン。(カバンの中身が気になってたのですが、確認することができました。)
手回しサイレンでご挨拶。ビールケースいっぱいに内股に足を開き、ペンギン立ち。手羽先腕がプルプルしてる。昨日の夜は名古屋の風俗店のはしごをしたとか、ムネオハウスならぬ、ミノルハウスを建設中とか。次回は街宣車で名古屋駅前ロータリーでの演説とか。ビールケースを降り、デスコタイム。
途中、プレゼントコーナーあり。ラルクを意識したステッカー。1枚づつ取って、「後ろにまわしてあげて」と、私が受け取る。ちょっと嬉しい。
質問コーナー。「場を盛り上げるような質問をしてください」と。
自分に当たりませんようにと思っていたら、マイクを向けられてしまう。え゛ー、頭が真っ白になってると後ろから「5千円」と聞こえ、絶妙なタイミングで「昨日の5千円はどうしたんですか?」と質問。
その答え、「そんなの貰ったに決まってんだろ!いるんだよ!金が!3千万必要なんだよっ!」
氏の本名は島森カモメ。アクセサリーは全部本物。スーツはポールスミス。実はキリシタン。
今回はもろりなし。最後にはでろり。
1時間弱。あっという間に終わってしまったけど、充実してました。
出待ち。サングラスにマスク姿で出できた、氏。写真と握手の嵐で、まるでアイドルのようでした。車に乗り込み、駅に向かったようでした。

レポ*お笑い TB(1) CM(0)

2002.03.17
「愛知万歳革命」この日、愛知、名古屋は熱かった!!。
素晴らしい演説でした!
改めて、世界的演説家、鳥肌実の偉大さを実感いたしました。
4800名満員御礼!かなりの盛り上がりでした!
今回の席、1階9列目、右側。はじっこだったけど、よく見える位置。
開演時間、20分くらい過ぎて、三島由紀夫の檄。その後、客席の後ろから鳥肌実登場!ステージに上がると、着ていたトレンチコートを脱ぎ、玉砕スーツ姿になる。ステージ上には、日の丸国旗と金屏風、大きな花瓶にいけた立派なお花。
かなり、かなり、良かったです!鳥肌氏と客席、一体になり、熱い夜でした。一言いうたび、ひとつ行動起こすたび、客席の反応がいい。「宇宙鳥肌万歳!太陽日の丸人間爆弾・・・」の時なんて手拍子が起きてるし、「○ンラディン万歳!」って、客席も一緒になって「万歳!」すごいすごい。
クスリネタ、水滴モールス信号、○リーメーソン、5千円ネタ、日の本万歳憲法、政治批判、○代まさし、100円ショップ○イソー。。。
今回、大きなスクリーンが登場しました。準備する、氏の姿がまた笑える。そしてなぜか、釣りざおで図の説明をしてくれるんだけど、とどいてない気がする。
スクリーンに映し出される海に沈んだ戦艦大和、側を泳ぐ巨大な魚、秘密基地ボーゼ島、その島での軍事訓練合宿、合宿メニュー、ジャンボジェット機並みの戦闘機、それを操縦する氏、どの映像もかなり、真面目に面白い。
流れ星ヘアーになり、ダンス。ハウンドドックの曲に合わせて踊る、そして、歌う。客席にまでおりてきて更に熱唱。
いったん、ステージから消え、髪の毛を整えながら、「どうですかねぇ・・・」
そして、まさか、脱ぐとは思わなかったんですが、噂のもろりです。
脱いでいく洋服をきちんとたたんでく姿に、氏の几帳面さが表れていました。靴下だけの姿でペンギン立ちになり、健太と私。
最後は靴だけ履いて、退場。かなり、濃い内容で、大満足でした。

レポ*お笑い TB(0) CM(0)

HOME - NEXT →
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
リンク
過去ログ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。