FC2ブログ

・・・ オンガクとワタシ +α ・・・

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

2002.08.18
サマソニ2日目!
旅館をチェックアウトして、一緒に来てる7人みんなで会場に向かう。でも、駅からはまた一人別行動。
前日の状況を考えると、朝から野外は厳しいと判断し、NEWステージに行ってみる。まだ時間が早いから、10:30から演ってるINステージへ。
The Skylarksを見に行く。
単なる時間つぶしのつもりだったけど、良かったぁ。The Skylarksの情報全くなく見に行ったけど、このバンドもかっこいい。ちょっとビートルズっぽいかんじ。正統派UKロックというかんじ。エアコンの効いた会場でゆったり見る。途中で抜け出るつもりがすっかり最後まで見てしまった。
そんで、NEWステージに行って、ガガガSP。
唯一、今回まともに見た日本人バンド。行ったら、既に、後半戦の様子。ボーカルがとってもおもろい。会場けっこう盛り上がってて、最後の“卒業”って曲では大合唱だったよ。いい曲だった。
ZEPPを出ると、次のB-DASHを見たい人たちの入場規制の列ができてた。OUTのモンパチ終わって、ZEPPにダッシュで向かってる人たちもいた。
OUTステージに着くと出る人がいっぱい。私はギリギリで入れたけど、入場ストップされてQUARASHIの始め見れなかった人もいたらしい。また、前のブロックの中央寄り。
QUARASHIサイコー。野外が似合うバンドだよ。おおいに楽しむ。聴いてて、ぴょんぴょん跳ねたくなる。
“Stick 'Em Up”が一番スキ。でもなぜか、ライブ中なのに電話しようと思い立ち、いったんブロックから出る。そしたら、もうそのブロックに入れてもらえなくなっちゃった。仕方なく、となりのモニター側に移る。
また急いで中央のブロックに移って、次は、MURDERDOLLS。
一番のお目当て。絶対前で見る!と思って頑張って場所取ろうとしたけど、既に前は占領されてて、3列目あたりでドキドキしながら待つ。
待ってるあいだ、すぐ後ろに、アンドリューファンのおばさん団体がいてうるさくてイライラする。MURDERDOLLSのこと知らない人が多いようで、今に見てろ、度肝抜かれるぞ!(鳥肌調)と心の中で思う。
メンバーが登場した瞬間、前に詰め寄られ、身動きも取れず、息もまともにできない状態になってしまう。
おかげで、1曲目は何やったか全然覚えてない。ぎゅうぎゅうのとこから抜け出して、開放された場所で見る。かなり強烈。
ウェンズデーのキャラがあんなんだとは思わなかったよ。鼻ほじってなめちゃうし、歯磨きしちゃうし、カタカナで“ファ○ク”って書いた旗もって振り回して歌うし。そんな中、他のメンバーは特にクールに見えた。
「ツギのキョクは!×××」1曲1曲紹介してくれて、そんで、「飲んで飲んで飲んで♪×3」って歌うウェンズデーと一気飲みするエリック。これで、MURDERDOLLSを知らない人の心を掴んだね。私もウェンズデーにメロメロ。
ウェンズデーとジョーイの真似して、ヘドバンしすぎた。首が痛い。クラクラして人にぶつかりまくってた。一緒に歌って、中指立てて叫びまくり。MURDERDOLLSサイコーだよ。
へとへとで次が始まるまでちょっと後ろに下がって座って休憩。
一緒に来てる女の子2人と合流してHOOBASTANKを見る。ボーカルが日本人とのハーフだからなんとなく親しみをかんじる。
ポロシャツにキャップで登場のボーカル、PVで見るのと全然雰囲気が違ったかんじがした。勝手にイメージしてたかんじじゃなかったからちょっと戸惑いながらも楽しむ。曲は好きだけど、なんとなく、野外っぽくないような。
待ちに待ってたアンドリューだったけど、かなり疲れて、最後まで体がもたないと思って、いったん会場外に出る。OUTステージの隣の建物に休憩しに行く。
アンドリューが始まってるけど、元気がでない。OUTステージに戻った頃は“She is beautiful”をやってた。何曲目なんだろ。ブロックの中には入れなくってスクリーンを眺める。暴れまわってるのがわかる。
しばらく眺めて、INステージに行ってみる。
ちょうど、THE HIVESが始まるところ。
前で見たかったから行ってみると、かなりの人。仕切ってあるんだけど、その後ろまで、いっぱいいっぱい入ってる。隙間なくびっしりで、思うように身動きも取れずに、もういっこ後ろにすればよかったって思った。
メンバー全員、黒いシャツに黒いパンツ、白いタイ、ステージも派手な照明使わないでシックでかっこいい。
カッコつけてるんだか、笑いを取りたいんだか、ボーカルの動きとかもPVで見たまんまで笑える。軽快な動きで、ステージを動きまわって、欽ちゃんジャンプ。どの曲も盛り上がって、会場全体が揺れてた。
THE HIVESの次はHANOI ROCKS。
でも、全然見ずに、OUTに向かう。入場規制されて入れなかったらヤダと思って。結局は、DRAGON ASHの最中で、全く心配無用だった。
雨もポツポツ降ってきてるし、ブロックの後ろでweezerが始まるのを待つ。全然終わる気配もなく、こんなんだったらHANOI ROCKSちょっとでも見てくればよかったぁ。後悔。
待つのに疲れてしゃがんでたら、スタッフに大丈夫ですかって、具合悪い人だと思われた。DRAGON ASH、あまり興味なかったけど、けっこういいかも。
weezerでは絶対前のブロックに行く!と意気込んで、スタッフにどうやったら行けるか聞いてまわるんだけど、聞くごとに内容が違う。遠回りさせられ、元いた場所に戻され、やっと前のブロックに。
真ん中のブロックには入れず、スクリーン前のブロックで見る。ここで、weezer好きの彼と合流。weezerは一人で見るより彼と一緒に見たかったから、出会えてよかったぁ。
薄暗くなってきて、雨も小降りになった頃、weezer登場。
なぜか、リヴァースはひとりだけスーツ、暑苦しいヒゲはすっきりとなくなってた。スコットはまたいつものTシャツ?
“Undone-the Sweater song”で始まる。どの曲も一緒に歌う。客席も大合唱。“Island in the sun”では「HIP HIP」ってなんでか重低音コーラス。
選曲はヒット曲のオンパレードってかんじ。新曲の“Keep Fishin”も大盛り上がり。リヴァースはあいかわらず小憎たらしいMCを言う。「ワカンナイ?バカ、オオバカ。」 日本語のMCも絶好調のようで、“My name is Jonas”の時は「ワタシのナマエはジョィナスです。」直訳。ブライアンのことも「ブライアンちゃーん」
空もすっかり暗くなって、ステージには「=w=」のキラキラの電飾も輝いてた。
最後の曲“Suff wax”が終わって、ライブハウスの時のように、ギターをハウリングさせる。パットはブライアンのギターを弾いたり、リヴァースはドラムセットの上に仁王立ちになったり、最後まで楽しいライブだったよ。でも、小雨が降る中、なんだか感傷的になってウルウルしてしまった。本当に良かった。
weezerが最後な訳じゃなくって、大トリはGUNS N' ROSES!!
20:00スタートの予定が40分押し。これは当り前なのか、雨降ってるせいでアクセルの機嫌が悪くなり中止になっちゃうのか、心配になりながら待つ。スクリーンに「NEXT GUNS N' ROSES」と出ても始まらない。
もう待ちきれないと思ったところでガンズ登場!
その瞬間、前の方に人が押し寄せて私は後ろに追いやられてしまう。やっとこさ、元に場所に戻りその場所に落ち着く。
やっぱり、ガンズ、アクセルお目当ての人がいっぱいなんだなぁ。
アクセルはハゲデブになってるっていう噂だったけど、大きな3LほどのTシャツにバンダナ、サングラスという格好で、肩パット(?)もあるせいか昔と比べると2倍も3倍も大きく見えたよ。
“Welcome to the Jungle”から始まる。
普通の単独ライブのような長~いステージ。
途中、ライブの激しさについていけなかったのか終電の時間が早い人なのか、抜け出す人もでてくる。
幸運なことに、一番端に移動できてステージ全体が見渡せる場所に。かなり体も限界に近かったので、手すりに寄りかかって見る。
ガンズのことはそんなに詳しくないけど、知ってる曲もいくつか演ってくれて“knocking on heavens door”では一緒に歌うことができたし。“Novenber rain”で「Novenber rain」のところを「Osaka Rain」と替えて歌ったり、おちゃめにピアノ弾いたり、重そうな体で端から端までステージを走り回ったり、アクセルはなかなかご機嫌なようだった。
ギターのバケットヘッドがかなり気になった。ヌンチャク振り回したり、ジャイアントロボを片手にギター弾いたり、KFCのバスケットかぶった仮面のギタリスト、謎だらけ。
そして、MUDERDOLLSのメンバーにいそうな人ギターもいた。ガンズのメンバーはアクセルはじめ濃いキャラだ。
クライマックスに近づいた頃、炎が上がる!かなりびびった。実際、熱さをかんじる程の迫力。
アンコールは“Paradaise City”この曲を待ってる人が多いみたいで、今まで以上にテンションもあがり、炎と花火で更に客席もヒートアップ!
そして、燃え尽きる。すごいライブだった。さすがガンズ。
余韻にひたりながら会場を後にする。全身がが痛い。歩くのもつらい。どうしようもなく疲れた。本当に疲れた。
サマソニ、いろいろ、問題があるようだけど、私は楽しかった。
モッシュも楽しくてしょうがないからやってる訳だし、殴ったり蹴ったりっていうのはやりすぎだけど、誰かが倒れそうになると助けるし、私は賛成、というか、モッシュ参加者。でも、ダイブは危険な気がする。
でもまあ、とにかく、サイコーでした。
スポンサーサイト

レポ*フェス TB(0) CM(0)

2002.08.17
サマソニ02

サマソニ1日目!
朝、DISTURBEDキャンセルのメールで起きる。メインで楽しもうと思ってたのにかなりショック。寝ぼけた頭もすっきりし、サマソニに行く準備をする。
9時頃会場に到着。朝からすごい人だ。
リストバンドと交換してOUTステージのあるWTCオープンエアスタジアムに向かう列に並ぶ。かなり時間があるから、GOODS買いにインテックスに行ってみるがここも更にすごい人。買っているうちに開演の時間が近づき、OUTステージに戻る。
オープニングアクトとして寛平ちゃん率いるバンド。ちょい見逃した。コブラの人見てみたかったのにな。
一発目はPleymo。
色違いのつなぎを着て登場。ボーカルはMCを日本語で言ってくれる。
朝一だというのに、みんな元気すぎる。芝生があるはずの会場なのに、すっかり枯れて砂埃舞い上がる。私も一番前のブロックで男だらけのモッシュの中に飛び込んでみる。今考えると、それが無謀だった。やっぱり、K-RAが盛り上がる。終わった頃、リストバンドなくして探しまくってる人がいたけど、見つかったのかなぁ。
続いてA。なぜか2列目確保。危険かなぁと思いつつ女の子も周りに多いからそのままいる。始まるまで長い。DISTURBEDがキャンセルになってタイムテーブルがズレるのはわかるけど待ちくたびれる。
やっと登場。Aカッコイー。何人も頭の上を通っていく。そして、私の胸も何度も鷲掴みにされる。
ひと暴れしたとこで後ろのブロックに移る。次は後ろでゆっくり見ようと思ってたけど、Raiging Speedhornが始まったとこで、ついつい前のブロックに戻って見る。
普段は全然聴かない音楽だけど、体が動いてしまう。ごついツインボーカルの恐そうなバンド。前の方に行こうと思ったけど、モッシュがあまりにも激しすぎて思いとどまる。でも、1曲1曲終わるごとにモッシュの輪が小さくなってくから、みんな疲れちゃったんだね。
3バンド終わったとこで、もうくたくた。かなり、疲れた。頭痛い。体痛い。あまりに疲れて、ひとまず旅館に帰る。
そして、NEWステージでOZMAを見る。
ZEPPはエアコン効いてて快適~。
始まるまで、しばらく足を伸ばしてくつろぐ。ツインギターの爽やかなバンド。ステージも近くって野外とはまた違ってライブに来てるってかんじ。最後の方でダイブする人がひとり。なんか違う気がする。それにしても、ジャンプするたびに頭がガンガンする。
次はどうしようかなぁって思って、サマソニタオルを買いに行くついでにモリッシーを見る。かなり聴き入ってる人たちばかりで、これは違うなと。
で、オアシスへ。タオルは売り切れで、なんか食べようと思ったけど、お腹はすいてるけど食欲がなくじゃがりこ買ってZEPPにまた行く。
会場に入ったら、客電が消えて、Rival Schoolsが登場。
日本人か外人か、どんなバンドかも全然知らなかったけど、これは当たり。
ベースがめちゃくちゃカッコイー。ボーカルがのせ上手で、客席もノリノリ。ボーカルもノリノリ。ボーカル自ら客席にダイブしたり、熱いライブだったよ。
私もジャンプしすぎた。でもやっぱり、頭痛い。跳ねるたびに激痛がはしる。
このままだと、死んじゃうんじゃないかと思って、オフスプ見たかったけど、次の日もあるし、ひとりトボトボ旅館に帰る。
湯船につかり、横になりながらみんなの帰りを待つ。オフスプやっぱり見とけばよかったかも。。。

レポ*フェス TB(0) CM(0)

HOME
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
リンク
過去ログ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。