FC2ブログ

・・・ オンガクとワタシ +α ・・・

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

2002.12.15
BEAST FEAST 2002

2日目のみ参戦。
11:30頃、会場に到着。入口にはプロレスラー並みのセキュリーティーの方々がずらりと並び、荷物チェック。ポッケにお菓子を隠し持ってたからちょっとおどおどしてしまう。飲食、カメラの持ち込みはかなり厳しい様子。
まずはTシャツ購入。ビーストオフィシャルの黒、早速着替える。
会場内は結構あったかくて、半袖Tシャツ一枚で充分。今回の入手物は他に地獄車のTシャツと2枚組CD付のパンフレット。
後から他の人たちが着てるTシャツ見て欲しくなって買いに行ったけど、売り切れ。スレイヤーTシャツとビーストのパーカー買っとけばよかったかも。。。
そして、開演までの時間、お店をウロウロ。ステッカー貰ったり、サンプルCD貰ったり、チラシ貰ったり。
本日、一発目は地獄車。
和太鼓の乱打から始まる。始まったばっかでまだライブに挑む準備が整ってなかったけど、太鼓の音でテンション上がってくる。会場内もお祭りムードがどんどん盛り上がっていく。
まだ荷物を預ける前だったからそんなに前の方ではなく真ん中あたりで見る。
ビースト直前にメンバーチェンジをした新生地獄車。ボーカルとドラムがかわって、和太鼓隊が加入。前の地獄車はあんまり知らなかったけど、かっこいいかも。音楽もヴィジュアルもいいし、和太鼓のパフォーマンスもいい。なんとなく、和製スリップノットというかんじも。ちょっとトリコになってしまった。琉球メタル最高。
地獄車が終わったところで荷物を預けに行く。ゴミ袋のようなのに荷物を詰め込んで500円でクロークに預ける。
身軽になったところで次のバンド、COCOBAT。
それから、UNITEDまでは見たり見なかったり。どのバンドも前の方に行くのをためらってしまう。どう見ても男子率高いし、体力的におとるし、SUNS OWLなんて、観客同士、笑いながら殴りあうって言うし。
後半に備える為にも真ん中あたりで観賞。
事前情報全くなかった、KILLSWITCH ENGAGEとCONVERGEも全ステージは見てないけどなかなか良かった。
スピーカーの近くにいるわけでもないのに、重低音がビリビリ身体中に伝わってくる。トイレに入っててもドアが振動でガタガタいってる。そんなところで、爆音フェスに来てるんだった実感してみたりする。
タイムテーブル通りに順調に進んでいく。セット交換がかなりスムーズで感心。
そして、会場内でタバコ吸ってる人がいると、灰皿差し出したり、フラッシュが光ると飛んでくるというスタッフもさすが。でも、火が点いたままのタバコを人ごみに投げてる人がいた。マナー以前の問題、最低。
HATEBREEDからは少し前の方に行ってみる。
演奏が始まるとすぐそこでは激しいぶつかり合いが起きている。ステージ見るどころじゃないかも。押されてつぶされてヘロヘロになってる。でも、モッシュの渦と私の間に外人さん数人がガードするかのようにいてくれたおかげで殴られることなく無事すんだ。でもやっぱりステージはほとんど見れず。
IN FLAMESへのセットチェンジのときに、MUDERDOLLSのセットも一瞬ステージに登場。予定時間よりもちょっと押してるかんじもするけど、あまり気にならない。
客電が消えこの場に似合わない“オースティンパワーズ”の軽快な曲が流る。そして、IN FLAMESの登場。メンバーみんな、白のシャツに白のパンツ。今までのダークなバンドとは違って爽やかぁなかんじ。
メロディックかつメタルなIN FLAMES、初めて聴いたんだけどかっこいい。
IN FLAMESのステージが終わると、スペースシャワーのブライアンが「みんなぁ、アンスラックスは好きか~?」と登場。
今、アンスラックスが来日してて、ビーストに遊びに来てくれたとのことで、ここで2曲新曲を流す。
次はMUDERDOLLS、ややヴィジュオタな私の一番のお目当て。
ステージ上には“Ghoul Scout”、“MUDERDOLLS”の文字の大きな幕。そして、ステージ前にはヴィジュアル系少女、コスプレ少女の姿がチラホラ。
1曲目は確か“Grave Robbing USA”。
2曲目は、ウェンズデーが曲紹介して“She was a Teenage Zombie”。今回も「ツギのキョクは×××」って日本語の曲紹介あり。サマソニでもやった、「飲んで飲んで飲んで♪×3」はちょっとすべってた。私はちゃんと言ったけどね。そして、“Twist My Sister”の曲の前には「・・・イヤイヤヨ~♪」って童謡(タイトル思い出せない)歌ってた。
“Dead In Hollywood”、“197666”、“I Love To Say Fuck”あたりが盛り上がったような気がする。
最後の“I Love To Say Fuck”では、ウェンズデーが「FUCK」と書いた傘を持って会場を煽る。ウェンズデーのサービス満点なステージはこの曲で終わり。
一緒に歌って、飛んで、頭振って、中指立てて、叫んで、楽しかったぁ。
MUDERDOLLSでも小さなモッシュエリアがたまにできて、一緒にまじって楽しみました。そういえば私のパンチが誰かにヒットしてた。
MUDERDOLLSの時間は他のお客さんにとっては休憩タイムだろうなって思ってたんだけど、やっぱり、一部のみの盛り上がりだったみたい。しょせん、ヴィジュアル系だもんね。
SLAYERはアリーナ席で見たら大変なことになるだろうと思ったから2階席でみる。
その前にアンスラックスのスコットとチャーリーのDJタイム。DJブースの周りには人だかりができてて、最後の方でかけてた曲では会場中が大合唱になってた。すごい。
大トリのSLAYER。ドラムにはオリジナルメンバーのデイブを迎えてのステージ。
メンバー登場をこの日一番、たぶん、この2日間で一番の歓声で出迎える。みんな待ってたんだよね。
ステージ上には左右にアンプが高く積み上げられている。メンバーの背よりも高い。2階席にまで重低音が響いてくる。
1曲目から、アリーナの真ん中あたりまでモッシュの渦ができてる。2曲3曲と進んでいくにつれて、アリーナ全体が巨大モッシュピットになっていくのがわかる。上から見てて圧倒される。あんなとこにいたら大変だった。というか死んじゃいそう。
スレイヤーはほんとすごい。
ケリーキングとジェフが並んでギターを弾く姿はすごいかっこいい。ステージの目の前で見てる人が羨ましい。
何曲かやると一旦ステージ袖に引っ込んじゃうんだけど、その度に、「スレイヤー!スレイヤー!」って声が上がる。あの掛け声も感動的。
そういえば、ステージ袖では、MUDERDOLLSのメンバーがじっと演奏を見つめてた。ジョーイが、スレイヤーの演奏に乱入とかしたら面白かったなぁ。
スポンサーサイト

レポ*フェス TB(0) CM(0)

HOME
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
リンク
過去ログ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。