FC2ブログ

・・・ オンガクとワタシ +α ・・・

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

2004.01.11
Good Charlotte

今年のライブ始めはグッドシャーロット!!
行けなくなったトモダチの代わりに行ってきた。
もうパンクのライブはコリゴリだと思ってたんだけど、行ったら行ったで楽しめるもんだ。
仕事が終わってかけつけると、1つ目のオープニングアクト、Day Of Contemptが終わった頃のようだった。
超満員のため、ロッカーが1つも空いてない。仕方ないので、貴重品をポッケにつめ、そのへんにカバンを置いて会場内に入る。
「アケオメー コトヨロー!」ちょうど、2つ目のオープニングアクトのSugercultが始まったところ。
真ん中あたりまで行ってみるけど、ちょっとノリ遅れる。しかも、シュガーカルトって、聴いたことなかったから最後までノリ切れず。でも、最後から2曲目がかっこよかったかなぁ。
シュガーカルトが終わって、すぐ後ろがざわざわしていて、何だろうと思ってたら、DOCのメンバーらしかった。DOCはミクスチャー系のバンドでなかなか良かったそうだ。見てみたかったなー。
そして、いよいよ、GC!!できるだけ前の方に行ってみる。
あたりを見渡すと、中高生がほとんどのような気がする。しかも女の子が多い。そのおかげか、視界を遮る背の高い男の子も少なく、覚悟していった激しいモッシュもほとんどなく、快適に楽しめた。
ただ、ライブ中、ジョエルがステージに乗り出すと、キャーという悲鳴に近い歓声が上がるのはかなーり不自然だった。ほとんど、アイドルだよ。洋物バンドのライブで、こんなの初めての体験。
セットリストはほとんど覚えてないけど、前回のライブと同じような構成だったと思う。
やっぱり、“a new biginning”から“the anthem”と続く。
オープニングアクトで充分身体があったまってるから、1曲目から爆発したかのように激しいモッシュが始まる。
トモダチトともここで再びはぐれてしまう。
前回公演よりも勉強した日本語を使ってのサービス満天のMC。ほとんどベンジーで、ジョエルが話そうとしても割り込んできて話す隙を与えないところが面白い。
「ノー エイゴ、オンリー ニホンゴ」、「ゲツヨウビ、カヨウビ、モクヨウビ、スイヨウビ」、「ワタシハ ニホンニ スンデイマス」「ナゴヤイチバン、ナゴヤイチバーン」
こんなに日本の言葉を一生懸命に覚えてくれるバンドなんてそんなにいないし、すごい親しみを感じる。
“hold on”の時、「最悪の声だ(英語)」「ビョーキ」とか言って、途中で歌うのを止める。調子悪そうだったけど最後まで歌いきってくれる。この曲、CDで聴いてもいい曲だけど、ライブだと更に感動する。周りがみんな大合唱だし、ジョエルのボーカルも切なく会場中に響いてくる。
途中、新曲?なのかどうか、知らない曲が1曲。「オーオ、オーオ・・・」と会場みんなで練習した後で、その曲が始まる。メロディも覚えやすいし、思いっきりジャンプができる楽しい曲だった。
そして、ライブも最高潮を迎えようとしたところで、“lifestyles of the ric famous”。最後の曲。
絶対アンコールでやると思ったのに、アンコールなしでこの曲。
観客もアンコールなしだっていうのに気づいたようで、最後に悔いが残らないようにと思いっきり楽しむ。ダイブキッズもゴロゴロ転がってく。そして、やっぱり大合唱。
演奏が終わった直後、右目に何かが当たって激痛。なんだよーと思って下を見ると、ピックが落ちてる。ベンジー側から飛んできたようだ。前回のライブでゲットしたピックとは違って、黄色いウソクサイやつだった。でも、使用済みのようで弾いた後がついてる。ありがたく頂いたけど、GCのマークがないので、何となく釈然としない。
スポンサーサイト

レポ*洋楽 TB(0) CM(0)

HOME
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
リンク
過去ログ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。