FC2ブログ

・・・ オンガクとワタシ +α ・・・

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

2004.08.08
サマソニ04

好みの出演者が揃ってる二日目。
どれを見るべきか直前まで迷った。
この日、始めの目的ははKASABIAN。
前日の大阪公演では入場規制という情報だったので、1個前のバンドから会場入り、余裕を持って見ることにする。
でも、とりあえず、朝ごはん。たまごマヨネーズピタサンドを食べる。朝からくどいかと思ったけど、なかなかおいしい。
途中、トイレに行ったトモダチが、トイレ中、プロディジーだらけだって教えてくれた。後で行ってみようって思ったけど、結局、このニ日間、メッセのトイレは一回も行ってない。聞くところによると、トイレットペーパーがプロディジーのロゴで、壁はポスターだらけだったって。
IMA ROBOTを終わりがけから見る。
ノーチェックだったけど、案外かっこいい。ボーカルの動きが奇妙だけど。もうちょい早めに入っとけばよかったな。
KASABIAN、当然、幕張でも入場規制になる。ソニックステージ初の規制。
前評判がかなり良かったので、期待してみる。EP1枚しか出してないので、予習らしい予習はできずに挑む。
1曲目はEPに収録されてる“REASON IS TREASON”始まったとたん、ステージの方に詰め寄る観客。波に乗って、前方に流されていく。予測はしていたけど、やっぱり苦しい。一緒に行ったトモダチとも一瞬ではぐれる。
でも、ハイテンションに騒ぎまくるっていうじゃなくて、何ていうか、思い思いに個々に楽しんでいるかんじ。カサビアンの音の世界に吸い込まれていく。曲のかんじは何となく、オアシスっぽい雰囲気もあるような。そして、ラストには“CLUB FOOT”、イントロが始まると、今までの静かなノリからは一転。待ちに待ってた曲だけに、観客みんな、もみくちゃになって盛り上がる。「ア、アーアアアーアアー」会場全体で叫びまくる。会場全体を支配してるようなかんじで演奏するメンバーがクール。期待を裏切らない大満足のステージだった。
ロスプロも見たかったんだけど、次はMY CHEMICAL ROMANCEを見るためにロックステージに移動。
今回のライブ、いまいちって評価が多い気がするんだけど、私的にはすごく良かった。メタルちっくな音も、ボーカルのゴスっぽいキャラも、テンションの高さも。
始めの頃は真ん中あたりで様子見。でも、やっぱり、前のほうに行く。ボーカル、始めっから、飛ばしまくり。観客もそれにつられて、一気にテンションがあがっていく。そして、最後に“I'm not OKAY”みんなこの曲で爆発。一緒に大合唱。前の方では、みんな楽しそうに暴れている。この中に、50代くらいのおじさん発見。楽しそうな雰囲気につられて来ちゃったのかなぁ。マイケミは、小さめのライブハウスで見たら、もっと、楽しいだろうなぁ。
カサビアン、マイケミと、まだまだ前半戦だというのに、だいぶ体力を消耗した。プルコギ丼でお腹を満たしてから、マリンステージでN.E.R.Dを見る。
この時間、オーディナリーを見に行くつもりだったんだけど、直前で変更。絶対、単独では見に行かないジャンルだし、外で見るN.E.R.Dもいいかなぁと思ったから。また、別のトモダチと合流。3階のスタンド席から眺める。
エロいかんじの「ベイベェ~」が、どうも私は苦手だったんだけど、ボーカルの声はセクシーで切なくて良かった。アリーナでは、手をあげてリズムを取る観客で、波ができていた。ステージでジャンプすると、アリーナでもみんなジャンプ。
“She want to move”から続いて、クイーンの曲をちょっとカバー。ほんのちょっとだけだったけど、グルーブ感たっぷりでかっこよかった。サイドショーでもそうだし、今年のサマソニはクイーンが大人気。
次はハイブス。ここも、フーバスタンクとかなり迷った。
まだ時間があったから、ビーチステージに行ってみる。ちょうど、曽我部恵一のステージだった。
他の会場とは180度雰囲気が違って、のんびりした空気が流れてる。少し遠巻きにステージを眺める。風が心地良く吹いてて、ステージからの歌を運んでくれる。太陽が海に反射してキラキラ光ってる。ライブで疲れた身体には最高の癒しの空間かも。
リフレッシュしたところで、マウンテンステージに移動して、THE HIVES。
サマソニ オーツー(←ペレ風)で見て、二回目のハイブス。
みんなお揃いの衣装で、白いジャケットに黒いシャツとパンツで登場。「レディースアンドジェントルマン ウィ アー ザ ハイブス!!」ボーカルのテンションがあいかわらず高い。ロボットのようなメンバーの動きがかわいい。面白すぎ。
MAD CAPSULE MARKETS、ハイブスを最後までしっかり見たから、マドカプはほとんど見れないなーとか思いながら、マリンに移動。歩いてる途中、演奏が聞こえてくる。あせって走ってく人、多数。のんびり歩いて行ったけど、結局、4曲くらい見れたかも。2階席に行くけど、席はいっぱい。通路のところで見る。上から眺めると、アリーナではグルグルと渦ができている。モッシュ、ダイブ、激しすぎ。聴きたかった“SCARY”は始めの方にやったんだって。ちょっと残念。
マドカプの時はまだ、明るかったのに、すっかり日も暮れて辺りは真っ暗。
サマソニゼロフォーの大トリは、BEASTIE BOYS。
アリーナで見たかったような気もしたけど、アリーナに降りていくのに、規制をかけてるようで、諦める。ステージが良く見える空いてる席を見つけて、始まるまで、靴を脱いでくつろぐ。
ステージにはアルバム「TO THE 5 BOROUGHS」のジャケットと同じNYの街並み。モニターがついている広いDJブースがステージに設置される。客電が消えてDJ登場。しばらくして、お揃いの茶色の上下で3人が登場。
2階席もアリーナに負けないくらい盛り上がる。“Super Disco Breakin”、“ROOT DOWN”、“Body Movin'”と次々に披露。そして、「チェッ、チェッ、チェッ、チェキラー!!」と会場全体で大合唱。
ステージをちょこまかと動きまわったり、腕と腕を合わせてハート型を作っちゃったり、おっさんとは思えないほどの可愛さ。ライブ終わってからのトモダチも可愛かったを連呼してたし。あ、でも、ライブの終わりは意外にあっけなかったような。あれ、もう花火?ってかんじだった。もうちょっと、やってほしかったかも。
花火はサイコー。これで、今年の夏も終わった。また来年!
スポンサーサイト

レポ*フェス TB(0) CM(0)

2004.08.07
サマソニ04

今年もサマソニ!!
去年と同様、前日から幕張入り。宿泊は幕張プリンス。
外で夕食を済ませ、ホテルに戻るとちょうど、マリンスタジアムではアヴリルのリハをやっている様子。近くまで行ってみるけど、終わってた。。。
ビーチに繰り出し、私たちだけで前夜祭。
ビーチステージがまだ完全に組み立てられてない。ステージに上がってみようとするけど、警備員さんが、見張ってるので断念。
ホテルに帰ると、ロビーにNEGATIVEのメンバーが!
数人の女の子達に囲まれてた。ボーカルが女の子みたいにちっちゃくてキレイ。メンバーの一人と写真を撮ってもらい、一緒にエレベーターに乗り込む。「See you!」と明日のライブに行くことを伝えてお別れ。

当日朝、ホテルの窓からマリンスタジアムを眺めると、そんな人も多くない。
8:30頃、ホテル出発。
リストバンド交換してGOODSを買う列に並ぶ。去年と同じくらいの時間なのに、GOODSを買うまでかなり時間がかかった。今年はマリンよりもメッセの方が人が多そう。
お目当てのTシャツを買って、メッセの中へ。
スポンサーブース巡り。MTVブースではキャップが当り!タワレコブースでは太郎バッグが当り!アヴリルのビニールバックとKASABIANのカンバッジ、プロディジーのビニールバックをもらう。ひとまず、荷物を置きにホテルに戻る。
今年の一発目は、NEGATIVE。
メンバーの雰囲気がバラバラで、パンクっぽかったり、王子様っぽかったり。ボーカルがハノイロックスに影響されてるんだと思うけど、衣装がそのまんま。
ネガティブの曲は一曲も聴いたことない。女の子みたいな華奢な身体とキレイな顔なのに、意外にも男らしい骨太な声。激し目の曲よりも、バラード曲が良かった。最後の方にやった“Still Alive”は好きかなぁ。せつないかんじが良い。
終わってすぐに、マリンステージに駆けつける。
スタンド席入口にはチケットをもたない氣志團FANが何人かいる。席に着いた頃に、ちょうど終わって、さらし姿の翔やんが「今度会うときは、絶対KISSしようぜ!」とステージを去っていった。
次、PENNYWISE。
スタンド席から眺めると、アリーナのパンク少年達がグルグルまわっている。楽しそうな雰囲気につられて、アリーナに下りる。一見怖そうなボーカルがよっぽど気に入ったのか「イチ、ニ、サン、ダーッ!」を何度かやってて、FANサービス満点。
PENNYWISEも初めて聴くバンド。でも、ラモーンズの曲や、スタンドバイミーや、アウトキャストの“Hey Ya!”なんかをカバーしてくれて楽しいステージだった。特にパンク調“Hey Ya!”は楽しかった。
本当は次、THE DARKNESSだったんだけど、ジャスティンの体調不良の為、突然のキャンセル。一番楽しみにしてたのに、ショック。。。
でも、そこを埋めてくれたのはTHE WILDHEARTS!いい奴らだ。ゼロツーでは、見てないので、リベンジ。アリーナ前方に移動。
なんか、この辺、場所取りらしき、やる気のない人たちが多いかんじが。ライブが始まると、やる気ない人たちを邪魔にかんじつつも、盛り上がる。かっこいい。やっぱ、青空の下でガンガンに盛り上がるのがいいね。
会場の外に出て、安田大サーカスの声だけ聞きながら、ボンカレーを食べる。そして、メッセに戻る。今年はバスがあるから便利~。でも、これ一回しか乗ってない。
サイドショーのKWEENが見たかったのに、リバティーンズが急遽出演ってことで、予定が狂う。リバティーンズを見るために、30分以上前から、サイドショーのステージ付近は人だかり。
ぽっかり空いた時間。Tommy Heavenry6をちょっとだけのぞく。
SUM41が見たかったけど、マリンに戻る気力がなくて、タイラーメンを食べながら、スクリーンで見る。スクリーン越しのライブはそれほど楽しくなくて、移動。
THE DAMNEDをちょっと見る。パンク少年が盛り上がってるけど、私はさほど盛り上がらなくて、隣のGO-GO'Sを見に行く。コスプレバンド?また、私的に盛り上がらないので、隅の方でウトウトする。
私的一日目のトリ、BRIDES OF DESTRUCTION。
今年のサマソニニ日間で一番良かった!ニッキー・シックスとトレイシー・ガンズがまじかで見れるというミーハーな気持ちで見てたんだけど、やられた。今までのバンドとはオーラが違う。かなりかっこいい!ヴィジュアル的にもかなり好み。特にボーカルのロンドンにクギヅケです。
実を言うと、ブライズの曲も聴いたことない。予習してきたら、もっともっと、楽しめたんだろうなぁ。
トレイシーはよくしゃべる人で、MCはほとんど一人でやってた。途中、「こいつは誰か知ってるか?」ってかんじに、観客に「ニッキー・シックス!ニッキー・シックス!」とコールさせる。後半は、モトリー・クルーの曲をやってくれ、周りから一緒に歌う声が聞こえてくる。
始めっから最後まで、テンション上がりっぱなし。完全燃焼。もう、ふらふら。
ブライズが終わって、会場を出ると、メッセのサイドショーではKWEENの演奏で盛り上がってるとことだった。
“WE ARE THE CHAMPION”をやってて、すぐに駆けつける。一緒に歌えて、大満足。最後の曲だったらしく、フレディが「センキュー。トーキョー!」とステージを去る。まだまだ足りないから、アンコールで呼ぶ。来ないんだろうなぁと思ってたら、出てきた!本当になりきってる。すごい。
このまま盛り上がった気分で終わってもよかったんだけど、やっぱり、トリは見とこうかなと思ってマリンに移動。
一日目のトリはGREEN DAY。
スタンド席には立ち見の人たちもいっぱい。運良く空いてる席を見つけて座る。GREEN DAYって、しっかり聴いたことないんだけど、どの曲も知ってる曲ばっかり。楽しい。来てよかったかも。
最後の曲はさっき聞いたばかりの“WE ARE THE CHAMPION”2回目のクィーン。この曲で花火!たぶん、GREEN DAY FANはなんでカバー曲で終わり?なんて思ってるんだと思うけど私としては、大満足で一日目終了。
ホテルに戻ってからは、夜から待ちあわせしてるトモダチと合流。
ちょっと、ビーチに行ってみる。
前日は大勢で行ったけど、街灯もないビーチへの道は二人っきりだとかなり怖かった。
そして、生ソニ会場に行って、ごはん。シシカバブカレーはまずかった。DJブースにたかってる人眺めたり、プリクラ撮ったり、楽しかったなー。
MONEY MARkを見ようと思って、しばらくいたけど、始まってみれば眠くなるような曲だったんで、ホテルに戻る。

レポ*フェス TB(0) CM(0)

HOME
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
リンク
過去ログ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。