FC2ブログ

・・・ オンガクとワタシ +α ・・・

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

2005.11.25
オリジナルメンバーで、再結成しての来日。
最寄駅から、会場まではダフ屋がウロウロしている。
大物アーティストなんだなぁとドキドキする。
途中、きわどい格好をしたおばさんを見かける。おばちゃんだよ。気合が入るのはわかるけど、あれはやばかった。
会場に着いてみると、すでに開場を待つ長い行列と、グッズを買う為の行列ができている。
時間になって、荷物検査とボディチェックを受けて入場。
2階席の一番前。ステージにはちょっと遠いけど、よく見渡せる。
客層はやっぱり高め。親子連れの姿も見かける。メタルファッションの少年たちもチラホラ。

前座はBUCKCHERRY。
新曲が中心で、新譜を聴いてなかったから知ってる曲が少なくて、ちょっと残念。
ジョシュのヒップハングのパンツが、ステージを動き回る度に、ずり落ちそうで気になる。

そして、いよいよ、モトリークルー!
サーカスをイメージしたセット。
ステージ中央に置かれた箱から、セクシーなお姉さんが出てきて、パフォーマンス。
"Shout At The Devil"からスタート。
両隣の熱狂的FAN(片方は知らない人)が一緒に歌うし、叫ぶ。
まわりのみんなも、こぶしを振り上げて「シャウト!シャウト!」一曲目から熱いよ。
メンバーは、結構な年齢なのに、パワフルな演奏。
ヴィンス・ニールの声もすごい。
パイロの炎と、打ち上がる花火のせいもあって、熱気がムンムンしている。
本編終了にはだいぶ早い時間で、一旦メンバーが退場。
やっぱり、年齢的に休みが欲しいのかも。
ここで、2階席の人たちもイスに座る。
休憩中、設置されたスクリーンにクレイアニメとグロテスクな映像が流れる。
そして、スクリーンに表示されたカウントダウンと共に、第二部がスタート。
バイクのエンジン音が鳴り響き、"Girls, Girls, Girls"
セクシー美女のパフォーマンスもエロエロで過激。
そして、バラード曲の"Home Sweet Home"では、会場全体で大合唱。
ヴィンスも満足そう。
トミー・リーのドラムソロ。ステージの両端にセットが作ってあって、行ったり来たり。その様子がおかしなかんじで、微笑ましい。
で、噂の「おっぱいタイム」
トミーがカメラを片手に客席を映し出す。
欧米では、カメラを向けられたら、素直におっぱいを披露するらしいけど、ここは日本。みんなかたくなに拒否。
観客に「おっぱい」という日本語を教えてもらって、トミーとヴィンス、二人して「オパーイ、オパーイ」としつこいくらい連呼。
結局、観客の一人が、生乳を披露。後、作り物のおっぱいをつけた二人組みが映し出されてた。
それから、スクリーンには、ニッキー・シックスの下半身のドアップも映し出される。
アンコールはSEX PISTOLSのカバー、"Anarchy In The U.K"
モトリークルーっぽく、アレンジされてて、これもまたかっこいい。
ロックで、エロで、ゴージャスなステージを堪能できた大満足のライブだった。
スポンサーサイト

レポ*洋楽 TB(0) CM(0)

2005.11.15
「音楽・温水(ヌクミズ)バトン」を受取りました。

『気持ちが暖かくなり(温)、
思わず涙(水)がこぼれてしまうような曲を3つ教えてください。』


という、バトン企画を
「スーパーロック!」のスティーヴンスKさんから受取りました。

1.MEW ☆ SHE CAME HOME FOR CHRISTMAS
 MEWの曲は、どれも素敵な曲ばかりだけど、
 これからの季節に、ぴったりな一曲なので。
 この曲の、映像もかわいくて、好き。

2.WEEZER ☆ .SAY IT AIN'T SO
 泣き虫ロック、サイコーです。
 切ない、メロディラインと、コーラスがたまらない。

3.AEROSMITH ☆ MISS A THING
 映画「アルマゲドン」の曲。
 何度聴いてもじーんとします。
 ウエディングソングとしてもおなじみ。


MEWは、是非とも、VIDEOも一緒に見て欲しい。
ミューワールドに引き込まれて行きます。
エアロの視聴サイト、探せなかった。。。

バトン、欲しい方、募集。

☆音楽☆ TB(0) CM(0)

2005.11.11
■2/13(月)愛知 ZEPP NAGOYA
■2/14(火)大阪 ZEPP OSAKA
■2/17(金)東京 新木場STUDIO COAST
■2/18(土)東京 新木場STUDIO COAST


彼らヴィジュアルが妙に気になります。
ちょっと、ライブをのぞいて見たいかんじ。

オフィシャルサイトで限定先行予約があるそうです。
11月21日(月)10:00~11月25日(金)18:00
そして、11月14日までは、スペシャル映像も見れます。

☆音楽☆ TB(0) CM(1)

2005.11.04
■12/8(木)東京 渋谷クラブクアトロ
■12/10(土)愛知 名古屋クラブクアトロ
■12/11(日)大阪 心斎橋クラブクアトロ


シーザーズ、どうしよう。
12月だなんて。。。予定あり過ぎだもん。
行きたいけど、行けないかなぁ。






☆音楽☆ TB(1) CM(0)

2005.11.01
QUEEN

QUEEN+PAUL RODGERSのライブに行ってきた。
4時頃にナゴヤドームに到着。先に行っていた相棒と合流。
グッズ売切れ続出のカキコミを見て、1時間半並んで購入したらしい。
私用の名古屋限定50枚Tシャツ(XS)も買ってもらった。
開場までは、会場付近をブラブラ散歩。
夕焼けがとってもキレイな日だった。

開演1時間前くらいに、会場に入る。
ドーム全部使うのかと思ったら、半分だけだった。
スタンド3塁側、8列目。アリーナが良かった。
ボールが飛んでこないように張ってある網が邪魔。
お客さん、やっぱり、年齢層がかなり高い。
年代物のクィーンTシャツ着たおじさんが多い。
親子連れ、ファミリーで来てる人たちもいる。
フレディの格好してる人は、2人見かけた。

開演時間を過ぎて、客電が消える。
アリーナは総立ちだけど、スタンド席は、
まだまだ、お客さんは、座ったまま。
なぜか、エミネム曲が流れる。
アリーナ前方に設置された花道にポールロジャースが登場し、
"リーチング・アウト"からスタート。
続いて、"タイ・ユア・マザー・ダウン"
ブライアンメイがステージに登場し、ギターソロ。
そして、幕が落とされる。
この曲から、観客も一気に、テンションが上がった様子。
ポールロジャースの声が聞きづらいくらい、私の左隣の人が熱唱。
耳が痛くなるくらいの手拍子。
そして、私の相棒も、右隣で熱唱。
会場全体が大合唱だった。
ポールロジャースが歌うQUEENの曲は貫禄たっぷりでかっこ良い。
ドラムのロジャーもボーカルを取り、"セイ・イッツ・ノット・トゥルー"を歌い上げる。
続いて、メンバー紹介。
ギターのブライアンメイが花道に登場する。
「イラッシャイマセ~」日本語の挨拶で、ファンサービス。
"'39"、"ラヴ・オブ・マイ・ライフ"と、今度はブライアンがボーカル。
そして、"手をとりあって"。この曲、すごく素敵。
日本語の部分は、会場全体で大合唱、とても感動的。
途中のドラムソロ、何かが外れちゃったのか、
ちょっとしたトラブルがあったものの、すごかった。
左右のスクリーンに映し出されるロジャーにくぎづけ。
でも、ちょっと、辛そう。
ドラムソロから続いて、"アイム・イン・ラヴ・ウィズ・マイ・カー"
かっこよかった。
そして、ギターソロ。クールにギターを操る。
これもかっこいい。ほんと、すごいかっこいい。
"ボヘミアン・ラプソディ"
フレディの弾くピアノで始まる。
この曲は、フレディがボーカルを務める。
会場全体が感動に包まれていくのがわかる。
フレディの姿が次々とスクリーンに映し出される。
大興奮の中、本編終了。
アンコールでは、ロジャーとブライアンが、
先を譲り合いながらステージに再登場。
"ウィ・ウィル・ロック・ユー"、会場みんなが手拍子を取り、
これもまた大合唱。
そして、最後の最後は、"伝説のチャンピオン"
王冠とマントをまとったフレディの姿が浮かんでくる。
VTRでしか見たことなかった、QUEENのライブ。
ほんと、感動的だったぁ。
絶対、見ることないだろうなぁと思ってたのに。
最後は、"ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン"が流れる中、
ロジャー、ブライアン、ポール、3人が揃って花道まで来て、一礼。

レポ*洋楽 TB(0) CM(0)

HOME
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
リンク
過去ログ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。